未経験からタクシードライバーに転職するには

未経験でも高収入を目指せる仕事の一つが、タクシードライバーです。実際に20代のタクシードライバーでも高収入は可能です。ただ、二種免許を持っていなければ求人に応募をすることすらできないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、タクシードライバー募集の多くは二種免許取得のサポート付きの求人となっています。

二種免許取得のために様々なサポートをしてくれるだけでなく、費用負担までしてくれることが殆どのため、二種免許を持っていない人でも応募をすることができます。ただ、二種免許を取得するには3年以上の運転経験が必要となります。

一種免許の場合は18歳になれば取得可能となりますが、二種免許が取得可能となる年齢は人によって異なります。18歳で免許を取得した人であっても、21歳にならないと受験資格を得ることができません。そのため、タクシードライバーへの転職を考えているのであれば、二種免許取得の条件に当てはまっているか、確認しておくことが大切です。

そんなタクシードライバー求人の面接の特徴が、健康診断が行われるタイミングです。一般的な職業の場合、健康診断が行われるのは採用が決まってからとなります。それに対し、タクシードライバーの場合は面接を受けたその日に健康診断が行われます。タクシードライバーの仕事では、運転に関するスキルがあることや地理に詳しいことは勿論、健康であることが何より重要となります。お客様を乗せた状態で、持病の発作が出たり脳卒中を起こしてしまう可能性がある人では安心して仕事を任せることはできません。そのため、健康診断は採用が決まった後ではなく、面接と同時に行われるようになっています。

さらに、タクシードライバーの面接の際には、これまでの経歴などに関する質問を行うだけでなく、運転テストや適性検査が行われることも少なくありません。運転テストは、安全運転を心がけているかなどの確認となります。運転が荒いなど問題があれば、この時点で不採用となってしまうこともあるため、タクシードライバーへの転職を考えているのであれば落ち着いて面接に挑むことが大切です。

面接には少し時間がかかることもあるタクシードライバー求人ですが、免許取得からの期間などの条件を満たしているのであれば、気軽に応募をしてみると良いでしょう。